しもやけについて

最近寒い日も多くなってきましたね。今回はしもやけについて説明します。

しもやけとは

寒冷刺激、寒暖差によって血管の収縮と拡張が繰り返されるうちに血液が正常に流れなくなることで発症します。そのため一日中気温の低い厳冬より冬のはじめや春先など寒暖差が激しい時期に起こりやすいです。とくに子どもや水仕事の多い女性に多くみられます。

 

<症状>

しもやけはM型とT型の2つのタイプがあります。

M型(樽木型):患部全体が赤く腫れあがるタイプで子どもによくみられます。

T型(多型紅斑型):赤い発疹や水ぶくれがたくさんできます。大人によくみられます。

痒みや痛みはどちらのタイプでも生じ、痒みは温めることで増強することが多いです。ひどくなると潰瘍ができる場合もあります。

手足の末端や外気にさらされて冷えやすい耳、鼻、頬などに起こりやすいといわれています。

 

<治療方法>

血管拡張作用のあるビタミンEの外用薬や内服薬、ヘパリン類似物質軟膏などを使って治療します。痒みや腫れなどの炎症が強い場合はステロイド外用薬も合わせて使用することもあります。

状態によっては身体を温める漢方を処方する場合もあります。

 

<日常生活>

・外出するときは手袋や厚い靴下、耳当て、カイロなどを使用して防寒対策をしましょう。

・皮膚を濡れたままにすると皮膚表面の体温が奪われ血流が悪くなるため、汗をかいた時や水仕事の後はすぐに水分を拭き取るようにしましょう。

・きつい履物やハイヒールは血流の流れが悪くなりやすいため、自分のサイズにあった靴を履くようにしましょう。

・栄養バランスの良い食事、とくにビタミンEを多く含む食べ物を食べるようにしましょう。

・血流をよくするためにマッサージをすることも効果的です。

 

しもやけは毎年繰り返す方も多いです。お悩みの方はご相談ください。

akagire

2021/12/20

お肌の主治医として、あらゆる世代の方が健やかな素肌を保ち・取り戻すお手伝いを。

お肌のトラブルから美容のお悩みまで、いつでもお気軽にご相談ください。

 さくら皮膚科スキンケアクリニック。ご予約・お問い合わせは03-3530-3001まで。
診療時間
診療時間
10:00~13:00 診療 診療 診療 診療 診療 診療 診療
15:00~19:00 診療 診療 診療 診療 診療    

※受付は診療開始時刻の15分前より開始いたします。
(午前9:45~/午後14:45~)
※祝日休診


ニキビ一緒に治そうProject