ケロイド治療について

 

◇ケロイドとは
ケロイドとは傷跡などが赤く盛り上がったり硬く肥厚したりした状態のことをいいます。
ケロイドには2種類あり、真性ケロイド肥厚性瘢痕(瘢痕ケロイド)に分けられます。

①真性ケロイド
小さな外傷などが元となり、そこが赤く盛り上がり、コブのようになります。特徴としては、元の外傷部位を超えて大きくなり、おさえても痛くありませんが、強くつまんだりすると痛みが生じます。
②瘢痕ケロイド
手術や怪我の痕が厚くなり、赤く盛り上がります。真性ケロイドとは異なり、隆起が元の外傷より広がらず、痒みを生じることもあります。

◇治療方法
ケロイドの治療法としては、飲み薬・塗り薬・圧迫固定具・貼り薬・注射がありますが、今回は塗布薬、内服薬についてご説明いたします。

1、塗り薬
塗り薬として効果のあるものはいくつかあります。
炎症を抑える目的でアンテベートを始めとするステロイド軟こう・クリームや、非ステロイド系抗炎症剤、ヒルドイドソフト軟膏などのヘパリン類似物質などの保湿剤を使用します。

2、貼り薬
多く利用されているのは、抗炎症剤であるステロイドがついているテープ(ドレニゾンテープ)があります。ステロイドには抗炎症効果がありますので、皮膚線維細胞の増殖を抑え、赤みやかゆみに効果が認められます。

3、内服薬
リザベン(トラニラスト)という内服薬が肥厚性瘢痕、ケロイドに対する治療薬です。
リザベンは抗アレルギー薬でもあり、ケロイドや肥厚性瘢痕にある炎症細胞が出す伝達物質を抑制することにより、傷の赤みやかゆみなどを軽減させる効果があります。
ケロイドは場所や大きさ、その他色々な条件によって、治療方法がことなってきます。
ご症状にお心当たりのある方は、まずは一度ご相談ください(^^)

ドクター

2018/08/10

MRSAについて

○MRSAとは?
MRSAとは、「メチシリン耐性黄色ブドウ球菌」のことを指します。
黄色ブドウ球菌は非常にありふれた菌で、私たちの髪の毛や皮膚、鼻の粘膜、口腔内、傷口などに広く生息しており、健康な人の20~30%が保菌しているといわれています。
黄色ブドウ球菌は基本的に弱毒菌なので、抵抗力があれば無害な菌ですが、弱い人が感染すると重症になる原因となります。
メチシリン耐性黄色ブドウ球菌の性質は黄色ブドウ球菌と一緒ですが、耐性遺伝子を持っており、抗生物質が効きにくい特徴をもっています。

○MRSAに感染すると?
皮膚の傷に伴って、化膿症、膿痂疹、毛包炎、おでき、蜂窩織炎、怪我の傷・火傷・手術後の二次感染など、皮膚組織の感染症を起こすと患部の赤み、腫れ、痛みなどがみられます。
重症化すると発熱や低体温、頻脈、低血圧などの全身症状を伴う場合もあります。

○治療法は?
各種の抗菌薬に抵抗性を示すため、治療に時間を要し、重症化することもあります。治療方法としては検査を行い、効果のある抗菌薬を調べ、その抗菌薬を用いた治療を行います。

ダウンロード (1)

2018/07/25

ニンニク注射について

こんな症状ございませんか?

□ 前日の疲れが抜けない。
□ 仕事や家事・育児で身体がつらくても休めない。
□ 体調を崩しやすく、なかなか元に戻らない。

当院ではこういった症状の回復に対して、即効性のあるニンニク注射(1回1000円)をご用意しております。

ニンニク注射(アリナミンF)には、激しい運動後のビタミンB1の補給やビタミンB1欠乏による一般的な疲労に対する回復効果があります。

<効果>
・全身疲労
・眼精疲労
・食欲不振
・病前後の倦怠感 など

ニンニク注射といっても本当にニンニクを使用している訳ではなく、ニンニク臭の元となるアリシン化合物に由来する成分が含まれていること、薬剤自体にニンニク様の臭いがあることからそう呼ばれています。

感じられる効果には個人差がありますが、「最近夏バテ気味だから打ちにきたの」と来院される患者さまや「疲れやだるさが楽になる」というスタッフもいます。

ご予約等は特に必要ございませんので、ご希望の方はお気軽にスタッフまでお声かけください♪

 

女元気男元気

2018/07/10

運動誘発型アナフィラキシーについて

「運動誘発型アナフィラキシー」とは、基本的に学童期以降にみられる症状で、運動が引き金となってアナフィラキシー症状がでるアレルギーです。この症状は食べ物を食べただけでは現れず、特定の食べ物を食べてから、数時間以内に運動すると症状が現れることが特徴です。昼休みや5時間目の体育の時間、部活の時間に出やすく、中学生の男子に多くみられる傾向があります。

◇運動誘発型アナフィラキシーの症状とは?
「アナフィラキシー」とは、とても強いアレルギー反応を短時間に引き起こし、ショック症状を起こすことです。運動誘発型アナフィラキシーの症状では、運動が引き金となり、以下の症状が現れます。
・じんましん
・呼吸困難
・血圧低下
・意識消失
また、これらの症状は必ずしも運動の激しさと関係している訳ではなく軽い運動でも引き起されることがあります。

◇どうして起きるの?
特定の食べ物を食べた後の運動がきっかけとなり、肥満細胞というアレルギー反応で重要な役割を担う細胞からヒスタミンという物質が放出されます。このヒスタミンが気管支を収縮させて呼吸困難を引き起こしたり、血管透過性を高めて血管の外側の組織に体液を漏出させることで浮腫みや血圧低下を引き起こします。

◇どうすればいいの?
・運動中に症状がでたら、運動をやめて安静を保つ
・食事のあと2時間は安静にして運動しないこと。
・症状が進んでいく場合、医療機関を受診し、処方された薬を内服する。
※呼吸苦などの重度の症状が出ていたら、すぐに救急を受診する。

発症経験がないにも関わらず、そういう症状が起きたら怖いからと「運動は控えた方が良い」と考える必要はありませんが、アレルギー症状がある方や、「もしかして…」と症状に心当たりのある方がいらっしゃいましたら、まずはご相談ください。

th

 

2018/06/25

血液型検査できます。

☆血液型とは?

現代において、血液型がなんの役割を果たしているのかはまだよく分かっていませんが、様々な分野でとても重要な役割を担っています。

現在、赤血球の血液型は、約300種類が発見されています。
今回は、ABO血液型Rh血液型についてご説明いたします。

<ABO血液型>
血液型は抗原(A、B)から作られています。赤血球の表面にある血液型の物質を“抗原”といい、血清の中にある赤血球と反応する物質を“抗体”といいます。ABO血液型では、赤血球(抗原)の検査と血清(抗体)の検査を行って、これらの抗原の組み合わせで、A/B/O/AB型の4種類に分類します。
→A型…赤血球+A
→B型…赤血球+B
→AB型…赤血球+AB
→O型…赤血球+何もついていない
また血清中のには、自分の持っていない抗原と反応する抗体が存在します。

<Rh血液型>
Rh血液型はABO血液型の次に重要です。この血液型にはC、c、D、E、eという主に5つの抗原があります。特にこの中のDが重要になり、赤血球にDを持っている人をRh(+)、持っていない人をRh(―)と呼んでいます。Rh(―)の人は、日本人の中で0.5%の割合となっており、200人に1人ととても少ないです。

当院でも、自費で血液型検査(¥3,000)が可能です。
1週間程で検査結果が分かりますので、ご興味のある方はお気軽にスタッフまでお声掛けください。

chusya_saiketsu_man

 

2018/06/15

子どもの「はたけ」について

子どもの顔や体の皮膚に白いシミのような斑点ができる症状を見たことはありますか?
もしかするとそれは、“はたけ”「単純性粃糠疹(たんじゅんせいひこうしん)」という皮膚の病気かもしれません。
“はたけ”は自覚症状がほとんど無い為、気づいたら自然に治っているということも多く、特に治療をしなくても問題はありません。
しかし、顔や体に「はたけ」があると、本人もご家族も気になってしまいますよね。

◇「はたけ」の特徴とは?
・5㎜くらい~大きいものは2~3㎝くらいの円形で白い斑点状のものができます。
・特に顔に症状が出ます。湿疹にあたり、時々痒みが伴います。

◇原因は?
・乾燥
・アレルギー体質
(アトピー性皮膚炎の子どもに出現することが多いということもあり、
アレルギー体質が起因ではないかと言われています。)

◇治療方法は?
・保湿剤で乾燥を防ぐ
・ストレスをかけない。
・食事をしっかり摂る。
・睡眠(22時~2時は皮膚を治す成長ホルモンの分泌を促進させます。)
基本的にある程度の期間がすぎれば治りますが、その過程で以上のことが大切になってきます。

治療方法としては、肌を清潔にし、保湿することを心がけましょう。
もし、どうしても気になってしまうという場合や「これってはたけなのかな?」とご心配な方は一度ご受診されることをお勧めいたします。

 

ダウンロード

2018/06/04

エクエルのご紹介

当院では、大豆成分由来のエクオール含有サプリメント「エクエル」を販売しております。
今回はこのエクエルについてご紹介します。

—————————————————————-

□なんだか最近やる気が出ない。
□小さいことでもすぐにいらいらしてしまう。
□エアコンが効いているのに汗がとまらない。
□激しい運動をしていないのにドキドキする。

—————————————————————

こんな症状に当てはまる方はいらっしゃいませんか?
女性には、加齢とともに心や体に様々な変化が現れます。
それは更年期障害の一つかもしれません。

大豆イソフラボンには、女性の更年期障害の予防や緩和や美容効果があるというのはよく聞く話ですよね。イソフラボンの効果が出やすい人と出にくい人の違いは、体内に取り込んだイソフラボンを「エクオール」という物質に変換できるかが重要になってきます。
このエクオールという物質は「女性ホルモン(エストロゲン)」に似ているため、体内で女性ホルモンに似た動きをします。

しかし、全ての女性がエクオールを体内で作れるわけではありません。実際には大豆イソフラボンをいくら摂っても、エクオールに代謝できる人とできない人がいます。
エクオールを体内で作れる人は日本人の2人に1人と言われています。つまり、日本人女性の約半数が大豆イソフラボンを摂っても、エクオールを作ることが出来ません。また、エクオールを作れる人であっても、原料となる大豆食品を毎日必要量摂取し続けることは簡単ではありません。

エクオールを使った研究所では、女性ホルモン(エストロゲン)が激減する40代後半~50代前半の女性に起こりやすいホットフラッシュや肩こり、頭痛、めまい、疲労感など様々な更年期障害を改善するという結果が出ています。この時期のケアはその後の健康寿命や老年期の生活にも大きな影響を与えると言われています。

日々の健康サポートにエクエルを取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

otsuka_equelle

2018/05/28

金属アレルギーについて

金属アレルギーについて

「もしかして、自分は○○アレルギーなのかな?」と感じたことはありますか?
湿疹の一つである「接触性皮膚炎」は、何らかの外的刺激が肌に接触することで、接触した部分にかぶれとも呼ばれる赤いぶつぶつがでたり、水疱などを生じてしまう疾患です。

接触性皮膚炎は、「刺激性皮膚炎」と「アレルギー性皮膚炎」に分類することができます。原因物質自体が持つ刺激や毒性によってかぶれる、誰にでも起こり得る「刺激性皮膚炎」に対して、「アレルギー性皮膚炎」はなんらかの原因物質に触れることで湿疹が現れます。

アレルギー性皮膚炎の原因は人それぞれで、洗剤などの化学製品や毛虫、おむつなど身の回りの全てのものが原因となり得る可能性があります。「金属アレルギー」とは、なんらかの金属によって「アレルギー性皮膚炎」を引き起こしてしまうことをいいます。
これらの接触性皮膚炎の防ぐためには、何が原因であるのか見極めることが症状を未然に防ぐことにもつながります。

当院では金属アレルギーに対してのパッチテストを行っています。

■パッチテストとは
試薬のついたシールを貼付して48時間後・72時間後の肌の状態を診る検査で、シャンプーや化粧品・ヘアダイなどに使われる香料や松脂、ゴム、金属などに対するアレルギーを調べることが出来ます。決められた日にちに通院していただく必要があり、貼付部位を濡らしたり汗をかいたりしないよう守っていただく注意事項がいくつかあります。また検査結果に影響が出てしまう場合がある為、汗をかき易い時期や6月~9月は検査をお休みしています。

 

■検査の流れ

【初回】
パッチテストをご希望の方は受付にてお申し出ください。医師の問診後に
検査の流れをご説明し、検査日の予約をお取りします。
【1日目】(基本的に火曜を1日目スタートとします。)
予約の日時にご来院ください。医師が貼付部位の状態を確認し、試薬のついたパッチを貼付します。貼付後のシャワー・入浴・運動は禁止です。
【2日目】
来院の必要はありませんが、引き続きシャワー・入浴・運動は禁止です。
【3日目】
予約の日時にお越しください。別室にてパッチをはがし、30~60分後の状態を医師が診察します。シャワー・入浴・運動が解禁になります。

 

【4日目】
検査結果をご説明します。医師の指示がなければ通院は終了です。(必要な場合は更に4日後=貼付から1週間後の予約をお取りします)

 

気になる方や症状にお心当たりのある方は、まずはご相談だけでもされてみてはいかがでしょうか。

th

2018/05/21

肝斑セットのご紹介

☆肝斑セットのご紹介
当院では自費診療にて肝斑の治療を行っており、院内処方でビタミン剤等を組み合わせた肝斑内服セットをお取り扱いしております。今回はそちらのご紹介をさせていただきます。

・肝斑とは?
ほお骨に沿って左右対称にできるシミのことで、美白ケアや紫外線対策をしている場合でも増えてしまうことがあります。

・原因は?
黄体ホルモンの増加により女性ホルモンのバランスが崩れることが原因とされていて、女性ホルモンの分泌量が減少し始める30代後半~40代の女性に発症することが多いと言われています。60歳以上になると発症率が低くなるそうです。

・当院でお取り扱いしている肝斑内服セット
当院での肝斑の主な治療法は飲み薬、または塗り薬によるもので、患者様の症状や生活スタイルに合った治療を行っております。効果に個人差はありますが、内服薬の場合約4~5週間で治療効果が現れる場合が多いです。すぐに効果が感じられなくても、まずは1~2ヵ月じっくり取り組みましょう。
また、当院でお取り扱いしている肝斑に対する外用薬にはビタミンCローション、トレチノイン、ハイドロキノンクリーム等があります。ご興味のある方はスタッフまでお声掛けください。

3剤セットのもので1か月分¥3,600(税込)、または2剤セットで1か月分¥3,200(税込)の2種類お取り扱いをしております。

気になる方はお気軽にスタッフまでお申し付けください。

IMG_1199

2018/05/14

手湿疹について

家事や職業柄、水仕事が多いと、手荒れや手湿疹の症状でお悩みの方も多いと思います。今回は慢性化するとつらい“手湿疹”についてご説明いたします。

手湿疹の主な原因は水や洗剤等の化学物質による「接触性皮膚炎」ですが、アクセサリーや時計といった金属で起こる場合もあります。手の皮脂が過剰に失われ、患部が乾燥して細胞が傷つきやすい状態になっている為、

・小水疱

・びらん

・カサカサ

・皮膚が硬くなる

・ひびわれ

・皮剥け

・あかぎれ

等の症状が見られます。

 

治療としては、何より“保湿”が大切です。当院では角質を柔らかくする作用のある尿素が入った軟膏や、ステロイドの外用剤保湿剤等を症状に合わせて処方し治療していきます。少し手間にはなりますが、

・水仕事の時はなるべくゴム手袋をする

・水仕事や手を洗った後、入浴後には必ずハンドクリームを塗る

といったケアを日常的に取り入れ、手湿疹の予防や悪化の防止に努めることが大切です。また、就寝前にハンドクリーム等をつけた後、お肌に優しい綿素材の手袋を着用すると手指が包み込まれることで保湿効果も高められます。当院では蒸れにくく通気性のある綿手袋(1双100円)をご用意しておりますので、ご希望の方はスタッフまでお声がけください。毎日使う手だからこそ、炎症が起こり始めたら早めに皮膚科を受診しましょう。

ハンドクリームと手

2018/05/01

お肌の主治医として、あらゆる世代の方が健やかな素肌を保ち・取り戻すお手伝いを。

お肌のトラブルから美容のお悩みまで、いつでもお気軽にご相談ください。

さくら皮膚科スキンケアクリニック。ご予約・お問い合わせは03-5969-9833まで。
診療時間
診療時間
10:00~13:00 診療 診療 診療 診療 診療 診療 診療
15:00~19:00 診療 診療 診療 診療 診療    

※受付は診療開始時刻の15分前より開始いたします。
(午前9:45~/午後14:45~)
※祝日休診