にきびについて②

今回は治療方法と日常生活についてお伝えします。

治療方法について

1塗り薬

ニキビの状態に合わせて適切な塗り薬で治療を行います。毛穴のつまりを改善するものやニキビの原因菌であるアクネ菌を殺菌、増殖を防ぐ作用があります。

毛穴のつまりを改善する塗り薬にはニキビを予防する効果もあります。ニキビの治療は時間がかかってしまいますが、再発を防ぎ、良い状態を維持するためには適切な方法で塗り薬を継続することが大切になります。

2内服薬

・ビタミン剤

皮脂の過剰分泌の抑制やニキビによる色素沈着の予防、改善する効果などがあります。

・抗生剤

ニキビの原因菌に作用し、炎症を抑える効果があります。

3面ぽう圧出

ニキビの中に詰まっている皮脂や古い角質を押し出す治療方法です。圧出によって皮脂を出すことで炎症が治まり治癒が早くなります。ご自身でニキビを潰してしまうと菌が入ってしまったり、跡になってしまうこともあるため、ニキビには触らないようにしましょう。

 

・日常生活で気を付けること

1スキンケア

洗顔は朝晩の2回が基本です。洗顔のし過ぎは皮脂の分泌を増加させ、ニキビの悪化の原因になってしまいます。また間違った洗顔の方法ではニキビを悪化させてしまいます。そのためしっかり泡立ててやさしく肌をこすらないように洗いましょう。また洗顔料の洗い残しにも注意しましょう。大人のニキビでは乾燥によって肌のターンオーバーが乱れ、古くなった角質が毛穴を塞いでしまうことで起こる場合もあるため、肌の状態に応じて十分保湿も行うようにしましょう。

化粧品は油性成分の含まないものや少ないもの、ニキビ肌用のノンコメドジェニック製品(ニキビができにくいと確認しているもの)を選ぶようにしましょう。当院でもノンコメドジェニックの化粧品を扱っているので、ご希望の方はお声掛けください。サンプルもご用意してあります。

sansorit

image1

 

 

2生活習慣

・食事

特定の食べ物がニキビを悪化させるという根拠はありませんが、バランスの良い食事をしましょう。

・睡眠

寝不足が続くと皮膚のターンオーバーにも影響し毛穴のつまり、ニキビの原因となるため十分な睡眠をとるようにしましょう。

3髪型、服装

毛先があたることで刺激になりニキビの悪化の原因となるため自宅にいる間はヘアピンやヘアバンドで前髪をとめるようにしたり、衣類は顎に触れないものを選びましょう。

4マスク

雑菌の繁殖を防ぐため汗をかいたらこまめに拭き取るようにしましょう。マスクの素材を変えることで肌への刺激が軽減することがあります。ガーゼやシルクなど、自分に合う素材を探しましょう。

 

当院でもニキビの治療を行っているので、お悩みの方はお気軽にご相談ください。

 

 

 

2021/03/29

にきびについて①

季節の変わり目では、環境の変化によるストレスなどでにきびができやすいため悩んでいる方も多いと思います。

今回はニキビができる原因についてお伝えします。

 

ニキビは毛穴のつまりによって皮脂が外に出られなくなってしまうことから始まります。

・毛穴のつまりの主な原因

1皮脂の過剰分泌

睡眠不足やストレスなどによってホルモンバランスが乱れてしまうと男性ホルモンが優位となり皮脂が増えやすくなります。また、肌が乾燥していると乾燥を和らげるために皮脂が過剰に分泌されてしまいます。

2ターンオーバーの乱れ

睡眠不足やストレス、疲労などによってターンオーバーが乱れると古い角質が蓄積されてしまい毛穴のつまりの原因となります。

3メイクの洗い残し

化粧品に含まれる油分が古い角質と混ざり合い毛穴を塞いでしまいます。

 

ニキビには段階があります。

1微小面ぽう

この段階では目には見えなく、皮脂が溜まり始めた状態です。

2面ぽう

ニキビの原因菌であるアクネ菌は皮脂を好むため増え始め、白ニキビや黒ニキビができます。触るとザラザラしていたり、膨らんでいるのがわかります。

3赤ニキビ

毛穴の中で増えたアクネ菌によって炎症が引き起こされます。

4化膿したニキビ

赤ニキビが悪化して膿が溜まってしまうと黄ニキビになります。適切な治療を行わないと炎症によって周りの組織が破壊され、デコボコしたニキビ跡が残ってしまう可能性があります。そのため、早い段階で治療を行うことが大切になります。

次回はニキビの治療法日常生活で気をつけた方がよいことについてお伝えします。

ダウンロード

 

2021/03/22

多汗症について②

こんにちは。今回は引き続き多汗症についての治療からご案内します。

 

多汗症の治療法

医療機関で採用されている多汗症の治療法にはいくつかの種類があり、原因や症状のレベルによって、対策が異なります。

  • 外用薬を使用する

汗腺を塞いで汗の分泌を抑える「塩化アルミニウム液」を患部に塗るのは有効な方法です。腋にはそのまま塗るだけで問題ありませんが、手の平や足裏の場合は薬液を皮膚に塗り、さらにその上から被覆材で密着させることでより多汗症に対する効果が期待できます。

新しく発売された「エクロックゲル」は最後に詳しくご案内します。

  • 内服薬を使用する

保険適用の臭化プロパンテリン、適用外のオキシブチニン、コハク酸ソリフェナシンなどといった内服薬による治療もあります。ただし、効果の程度にばらつきがあったり、副作用があったりするので、医師や薬剤師の説明をよく聞いて選択するようにしてください。

  • ボツリヌスの注射

ボツリヌス菌の毒素を患部に注射し、汗を抑える方法です。欧米では腋の局所性多汗症の治療によく用いられます。日本では腋窩以外は保険適用外の治療になるため、費用や効果を十分に確認の上で選択しましょう。

  • イオントフォレーシス

イオントフォレーシスとは、発汗の多い手の平や足の裏を、水を貯めた容器に浸し、10~20mAの電流を約30分間流す保険適用の治療です。これを8~12回ほど行うと、多汗症の改善に効果が期待できるとされています。

  • 交感神経遮断術

交感神経の働きによる多汗を抑えるために、胸部の交感神経を切除、もしくは焼くなどする治療法です。かつては大がかりな手術が必要でしたが、最近では腋の下を数ミリ切り、そこからカメラを入れて手術することが可能になりました。だいたい10分ほどで完了する場合がほとんどです。

 

新しく発売された薬は腋窩多汗症のお薬で「エクロックゲル」というお薬です。

(腋窩多汗症のみの適応となります。手や足の多汗症には使用できません。)

 

特徴1. 日本初の保険適用の原発性腋窩多汗症用外用剤

日本初の保険適用の原発性腋窩多汗症用外用剤です。

特徴2. 1日1回の塗布で効果が期待

1日1回、両腋窩への塗布で効果が期待できます。

特徴3.リン受容体サブタイプ3に結合し、発汗シグナル伝達を阻害

本剤の有効成分であるソフピロニウム臭化物は、神経伝達物質であるアセチルコリンの作用を阻止する抗コリン剤です。

アセチルコリンはムスカリン受容体と結合することで汗腺から発汗を誘発すると考えられています。同剤はムスカリン受容体と結合することでアセチルコリンの結合を阻害し、発汗を抑制するという作用機序になります。

 

詳しい説明は販売元のこちらをご覧ください。↓

https://ecclock-info.jp/

ekurokku

 

 

 

 

 

 

 

当院では外用薬の治療をご案内しております。

これから暖かくなってきて汗でお悩みの方は一度ご相談にご来院ください。

2021/02/22

多汗症について①

新しい腋窩多汗症の薬が発売されました!!

日本初となる腋窩多汗症の保険治療薬が発売されました。

今回は多汗症についてご案内します。

 

多汗症とは

私たち人間は、周りの環境や体の状態に左右されずに、常に体温を一定に保たなければ生きていけない“恒温動物”です。しかし、暑い日や体を動かしたとき、ものを食べてそれをエネルギーに変えるときなどには体温が上昇します。そんなときは、汗の出番。全身の皮膚表面から汗を分泌し、それが蒸発する際に気化熱を奪って、体温を下げるのです。
しかし人によっては、この体温調節に必要な量以上の汗をかいてしまい、日常生活に支障が出ていることがあります。これを多汗症といいます。

 

多汗症がみられる部位

全身性多汗症の場合は、文字どおり全身に多量の汗をかきます。局所性多汗症の場合は、手の平や足の裏、頭部や顔、腋(わき)などに汗をかきます。
手の平と足裏に多汗がみられる場合は「掌蹠多汗症(しょうせきたかんしょう)」、手の平だけなら「手掌多汗症(しゅしょうたかんしょう)」、足の裏なら「足蹠多汗症(そくせきたかんしょう)」、腋なら「腋窩多汗症(えきかたかんしょう)」という病名で呼ばれます。

 

 

多汗症の主な原因

先にも少し触れたとおり、多汗症の原因はさまざまにあります。ここからは主な原因について、全身性多汗症と局所性多汗症とに分けてみていきましょう。

全身性多汗症の原因>

■温熱性発汗:運動、高温環境、発熱など

■内分泌・代謝性発汗:更年期障害、甲状腺機能亢進症、糖尿病、肥満症など

■神経障害による発汗:パーキンソン病など

■薬剤副作用による発汗:向精神薬、睡眠導入薬、非ステロイド抗炎症薬、ステロイド薬などの服用

■感染症による発汗:結核、敗血症など

■特発性発汗:原因不明

<局所性多汗症の原因>

■精神性発汗:精神的緊張によるもの(手掌、足底、腋窩など)

■味覚性発汗:辛いものを食べたとき(顔面)

■神経障害による発汗:胸部交感神経切除後など(体幹)

■その他:皮膚疾患による局所多汗症など

局所性多汗症の最も多い原因は、精神的緊張によるものといわれています。

 

ワキ汗治療ナビ|ワキ汗の情報・サポートサイト|科研製薬株式会社 (wakiase-navi.jp)

 

次回は多汗症の治療法についてと新しいお薬についてご案内します。

sick_takansyou

2021/02/16

アレルギー検査は予約不要です♪

毎年この時期になると、くしゃみが出る、鼻がつまる、目がかゆいなどの症状が出て、

もしかして花粉症?とお悩みの方もいるのではないでしょうか (>_<)

新型コロナウイルス感染症でも同じような症状があるといわれている為、

今年は特に不安な方も多いと思います。

 

当院では、採血によるアレルギー検査を行っています。

アレルギー検査では、ご自分が何に対してアレルギー反応が出るのかを調べる事ができます。

アレルゲンを特定する事で、花粉症の症状が出る前に開始する初期療法

スムーズにスタートする事ができ、結果的に花粉シーズンのつらい症状を和らげる事ができます♪

 

一般的な春の花粉症の飛散ピークは以下の通りです。

スギ:2~4月   ヒノキ:3~4月   ハンノキ:3~4月

 

アレルギー検査は予約不要で行っています。

少しでも気になる症状がある方は、お気軽にご相談ください♪

 

HP

 

 

 

2021/02/10

花粉症の診察を行っています♪

今年も花粉症のシーズンが近づいてきました。

“花粉症”と聞くと、耳鼻科を受診すると思われている方が多いのではないでしょうか?

当院は皮膚科アレルギー科を標榜しており、花粉症などのアレルギーの診察も行っています。

 

花粉症の症状は人それぞれ異なります。

『眠くなりにくいお薬がほしい』

『運転可能な薬がほしい』

『1日1回だけの内服がいい』

『点鼻薬や点眼薬だけほしい』

などのご希望やライフスタイルに合わせたお薬を処方しています。

 

花粉症は、症状が出る前から治療をスタートする初期療法が効果的といわれています。

今年の関東地方の飛散量は昨年の1.8倍と予想されています。

つらい花粉シーズンを乗り切るために

少しでも気になる症状がある方は、早めに来院しご相談ください。

 

次回は、アレルギー検査についてご案内いたします♪

ダウンロード

 

2021/02/03

あかぎれについて

しもやけに続き、寒い季節はあかぎれに悩んで来院される患者さまが多くいらっしゃいます。

症状がひどくなければ我慢ができてしまう症状ですが、悪化させるまえに予防していくことが大切です。

◇どんな症状?
指の腹や手の平、足の裏などの皮膚の表面が、カサカサと乾燥して、亀裂ができた状態を“ひび”といい、水などの刺激で染みて痛みを感じます。
そして、“あかぎれ“は、ひびよりも亀裂が深く、赤く腫れ、出血を伴う症状です。あかぎれになると、水仕事などの刺激が無くても痛みを感じることがあります。

◇原因は?
あかぎれの原因は冬の寒さと乾燥です。冬は特に気温が下がっているため、皮脂や汗の分泌がされにくく、皮膚の表面から水分が失われて乾燥しやすくなります。このときに水仕事が多かったり、冷気さらされると皮膚の表面の皮脂が奪われ、さらに乾燥が進みひびやあかぎれを引き起こします。

◇あかぎれの予防
あかぎれは寒さと乾燥に気をつけましょう。水仕事のあとは保湿剤を塗ったり、外出時には防寒具などでしっかり保温することが重要です。皮膚が乾燥しやすいという人は、水仕事のときに手袋をしたり、入浴時にはしっかりと手足の先まで温めることを心掛けるとあかぎれができにくくなります。

当院ではこのような症状に対して、外用薬などでの治療を行っております。
寒い季節のしもやけやあかぎれに悩まれている方がいらっしゃいましたらお気軽にご相談ください(^^)

b5511ecbdf27c958af42b8c7f6126038-e1573035107281

2021/01/22

しもやけの患者様が増えています❄

 

しもやけは冬に多くみられる皮膚疾患です。
当院にも年齢問わず、お子様から年配の方まで多くの方がしもやけの症状で来院されます。

◇どんな症状?
しもやけは医学的に「凍瘡」と呼ばれています。
しもやけになると、皮膚が赤紫色に腫れたり、赤くなって盛り上がったり、むずがゆさを感じるなどの症状がでます。12月~3月の冬に発症しやすく、特に子供や女性に多く見られる傾向があります。

◇原因は?
しもやけの原因は低温と温度差です。
しもやけは手足の冷えなどによって末端の血管がうまく拡張・収縮できなくなり、血行が悪くなることにより発症し、毎年繰り返すこともあります。
昼と夜の温度差が大きくなるとできやすいため、真冬だけではなく、冬から春に移り変わる時期にも発症することがあります。

◇しもやけの予防
しもやけの予防には手足を温め、水気はしっかりと拭きとることが重要です。
寒い日には手袋や厚手の靴下、耳あてなどの防寒具で手足などを冷やさないようにしましょう。
また、室内外の温度差により汗をかいてしまった時や洗い物の後など、皮膚に水分(湿気)が残った状態のまま放っておくと、皮膚表面の体温が奪われ血流が悪くなり、しもやけになりやすくなるので注意が必要です。
手足の血行を良くするために、指先をしっかりと揉みほぐすようにハンドクリームを使用しながらマッサージを行うことも効果的です。

しもやけは一度発症してしまうと繰り返しできてしまうこともあるため、「たかがしもやけくらいで…」とは思わず、一度ご来院されてみてはいかがでしょうか(^^)?

samui_woman

2021/01/10

AGA治療薬が後発品へ変更になりました

12月より、AGA治療薬が後発品に変更になりました。

それに伴い、お値段もお求めやすくなりました。
プロペシア1mg 8,820円(28日分) → フィナステリド1mg 4,500円
ザガーロ0.5mg8,820円(30日分) → デュタステリド0.5mg6,800円

有効成分は先発品と同じものですので、安心してお使い頂けます。

☆AGA治療薬は肝臓で代謝されるお薬なので、まれに肝機能障害を起こすことがあります。
安心して服用していただくために、初回内服1ヶ月後に肝機能検査を実施しております。

それ以降は1年に1回肝機能の確認をさせていただきます。

健診結果や他院での採血結果がある方はご持参ください。健診等がない方は当院にて自費採血(2,000円)も行っております。

また、採血結果持参時に診察も行わせていただいております。診察時は別途診察代(再診料1,000円)頂戴いたします。

2020/12/18

AGA治療薬について

AGA(男性型脱毛症)とは、遺伝的・環境的な要素が関わる進行性の脱毛症、思春期以降の男性に発症します。

AGAは進行性のため、早めに治療していくことが重要です。AGAは皮膚科でも治療ができます。

AGAの治療には、内服や外用薬、自毛移植術などがありますが、当院では内服での治療を行っております。

この内服薬は、毛髪をつくる毛母細胞の働きを低下させる作用のあるジヒドロテストステロンという男性ホルモンを抑制させ、AGAの進行を抑えます。

 

当院では2種類のAGA治療薬を取り扱っております。

フィナステリド(先発品:プロペシア)

デュタステリド(先発品:ザガーロ)

Ⅱ型の5αリダクターゼの働きを阻害し、ジヒドロテストステロンの生成を抑制します。 Ⅰ型およびⅡ型の5αリダクターゼの働きを阻害し、ジヒドロテストステロンの生成を抑制します。プロペシアの1.6倍の効果があると言われています。

28日分 4,500円

30日分 6,800円

通常、内服開始から効果が現れるまでに3ヶ月~6ヶ月ほどかかります。ご自身の判断で服用を中止せず、医師の指示通り服用を継続していく必要があります。

また、内服を中止するとAGAが進行してしまうため、継続して飲み続けることが必要となります。

 

健康な頭皮と髪のために

●栄養バランスの良い食事

●洗髪方法の見直し

●禁煙

●ストレス解消

●十分な睡眠

頭皮や髪の健康には日々の生活習慣が重要となります。

 

2020/12/17

お肌の主治医として、あらゆる世代の方が健やかな素肌を保ち・取り戻すお手伝いを。

お肌のトラブルから美容のお悩みまで、いつでもお気軽にご相談ください。

 さくら皮膚科スキンケアクリニック。ご予約・お問い合わせは03-3530-3001まで。
診療時間
診療時間
10:00~13:00 診療 診療 診療 診療 診療 診療 診療
15:00~19:00 診療 診療 診療 診療 診療    

※受付は診療開始時刻の15分前より開始いたします。
(午前9:45~/午後14:45~)
※祝日休診


ニキビ一緒に治そうProject