帯状疱疹知っていますか?①

こんにちは。コロナウイルスの影響で自粛をしたり感染対策をしたり・・・皆様お疲れではないでしょうか?
当院では帯状疱疹の患者様が増えています。

帯状疱疹とは、体の左右どちらか一方に、ピリピリとした刺すような痛みや赤い小さな水ぶくれが帯状(おびじょう)に出来る病気のことです。

帯状疱疹の原因は水痘・帯状疱疹ウイルスです。
はじめてこのウイルスに感染したときは水ぼうそう(水痘)として子供の時に発症します。
水ぼうそう(水痘)が治ったあともこのウイルスは体の神経の中に潜んでおり、これを潜伏感染といいます。
加齢やストレス・疲労などがきっかけで免疫力が低下した際に、神経内に潜んでいたウイルスがふたたび活動を始め、神経の枝を伝って皮膚に到達したとき帯状疱疹として発症します。

帯状疱疹は体の左右のどちらかに発症し、好発部位は胸から背中にかけて多く見られます。
また、顔面や目の周囲も発症しやすい部位です。

50~70歳代に多く発症する病気ですが、過労などがきっかけで若い人にも発症することがあります。

また、通常は生涯に一度しか発症しないといわれていますが、免疫が著しく低下し、再発することもあります。
帯状疱疹は早期発見、治療が大切な病気です。
次回は帯状疱疹の治療について説明していきます。

 

腕が痛い人のイラスト

2021/05/10

お肌の主治医として、あらゆる世代の方が健やかな素肌を保ち・取り戻すお手伝いを。

お肌のトラブルから美容のお悩みまで、いつでもお気軽にご相談ください。

 さくら皮膚科スキンケアクリニック。ご予約・お問い合わせは03-3530-3001まで。
診療時間
診療時間
10:00~13:00 診療 診療 診療 診療 診療 診療 診療
15:00~18:30 診療 診療 診療 診療 診療    

※受付は診療開始時刻の15分前より開始いたします。
(午前9:45~/午後14:45~)
※祝日休診


ニキビ一緒に治そうProject