紫外線対策は春から始めましょう!②

みなさんは日焼け止めを正しく使うことができていますか?
春の紫外線は夏にも劣らないくらい強力なため、この時期からしっかりと紫外線対策を行っていくことが大切です。
日常生活における日焼け止めの選び方と塗り方についてご説明します。
<生活シーンでの使い分け>
◎屋外でのレジャーや長時間のスポーツ
→長時間肌が紫外線にさらされることが予想されるため、SPF50・PA++++の最大UVカット効果を発揮する日焼け止めがおすすめです。レジャーに合わせて、汗や水に強いものを選びましょう。

◎ウォーキングや軽いスポーツ
短時間のウォーキングや屋外スポーツを楽しむ際はSPF30・PA+++程度でも十分肌を紫外線から守ることができます。

◎通勤・買い物
普段の通勤や買い出しには、SPF15~30・PA+~++程度がおすすめです。効果の強い日焼け止めは肌への刺激も強く負担がかかるため、程度に合わせた日焼け止めを選びましょう。

 

春にも気を付けなければならない日焼けですが、肌老化(しみ・しわ・たるみ)の原因の8割は紫外線によるものだと言われています。
しかし、ほとんどの人が日焼け止めを正しく使用できていないそうです。
効果を発揮させるために、日焼け止めを塗る時は塗る量と塗りなおしのタイミングを気をつけましょう。

◆塗る量
1㎠あたり2㎎を目安に使用すると、日焼け止めのSPF/PA値の効果を発揮することができます。
ちなみに顔全体に塗る場合は、500円玉1個分(0.8g)ぐらいの量が適量です。

◆塗りなおし
汗・皮脂・衣服などに触れることで、日焼け止めが少しずつ落ちてしまうと、効果を発揮できなくなります。
2~3時間おきにこまめに塗りなおしましょう。

また当院では、お子様にも安心してお使いいただける日焼け止めや、塗りなおしが面倒な方でも気軽にお使いいただける飲む日焼け止めもご用意しております。
受付での購入のみも可能ですので、気になる方はお気軽にスタッフまでお声掛けください(*´▽`*)♪

hiyakedome

2020/05/20

お肌の主治医として、あらゆる世代の方が健やかな素肌を保ち・取り戻すお手伝いを。

お肌のトラブルから美容のお悩みまで、いつでもお気軽にご相談ください。

さくら皮膚科スキンケアクリニック。ご予約・お問い合わせは03-5969-9833まで。
診療時間
診療時間
10:00~13:00 診療 診療 診療 診療 診療 診療 診療
15:00~19:00 診療 診療 診療 診療 診療    

※受付は診療開始時刻の15分前より開始いたします。
(午前9:45~/午後14:45~)
※祝日休診


ニキビ一緒に治そうProject