手湿疹について

家事や職業柄、水仕事が多いと、手荒れや手湿疹の症状でお悩みの方も多いと思います。今回は慢性化するとつらい“手湿疹”についてご説明いたします。

手湿疹の主な原因は水や洗剤等の化学物質による「接触性皮膚炎」ですが、アクセサリーや時計といった金属で起こる場合もあります。手の皮脂が過剰に失われ、患部が乾燥して細胞が傷つきやすい状態になっている為、

・小水疱

・びらん

・カサカサ

・皮膚が硬くなる

・ひびわれ

・皮剥け

・あかぎれ

等の症状が見られます。

 

治療としては、何より“保湿”が大切です。当院では角質を柔らかくする作用のある尿素が入った軟膏や、ステロイドの外用剤保湿剤等を症状に合わせて処方し治療していきます。少し手間にはなりますが、

・水仕事の時はなるべくゴム手袋をする

・水仕事や手を洗った後、入浴後には必ずハンドクリームを塗る

といったケアを日常的に取り入れ、手湿疹の予防や悪化の防止に努めることが大切です。また、就寝前にハンドクリーム等をつけた後、お肌に優しい綿素材の手袋を着用すると手指が包み込まれることで保湿効果も高められます。当院では蒸れにくく通気性のある綿手袋(1双100円)をご用意しておりますので、ご希望の方はスタッフまでお声がけください。毎日使う手だからこそ、炎症が起こり始めたら早めに皮膚科を受診しましょう。

ハンドクリームと手

2018/05/01

お肌の主治医として、あらゆる世代の方が健やかな素肌を保ち・取り戻すお手伝いを。

お肌のトラブルから美容のお悩みまで、いつでもお気軽にご相談ください。

さくら皮膚科スキンケアクリニック。ご予約・お問い合わせは03-5969-9833まで。
診療時間
診療時間
10:00~13:00 診療 診療 診療 診療 診療 診療 診療
15:00~19:00 診療 診療 診療 診療 診療    

※受付は診療開始時刻の15分前より開始いたします。
(午前9:45~/午後14:45~)
※祝日休診