赤ちゃんのおむつかぶれ

赤ちゃんが生まれるとすぐ始まる毎日のおむつ替えですが、これからの季節特に心配という声が多いのが“おむつかぶれ”です。

af8abca805b4b5c9b3f4ce0113ee7460_s

 

おむつかぶれとは?

おむつが触れる部分の肌が赤く炎症を起こし、ブツブツとした小さな発疹ができている状態です。更にひどくなると患部が真っ赤に腫れてジクジクしたり、痒みを伴う場合もある為、ぐずっている赤ちゃんを見ていると早く何とかしてあげたくなりますよね。

 

かぶれやすい原因は?

赤ちゃんの肌は薄くデリケートなのでトラブルを起こしやすく、汗や排泄物に含まれる酵素、尿素、おむつの線維による擦れが主な原因となります。その他、細菌やカンジダ菌というカビが原因になることもあり、見分けが難しい上、通常のおむつかぶれ用に処方されたステロイド剤を使用すると症状が悪化してしまう場合もあり注意が必要です。

 

自宅でできるケアは?

汚れが気になる際は、座浴やシャワーのぬるま湯で患部を洗い流しましょう。お肌が乾燥するとバリア機能も低下してしまいますので、こまめに保湿剤を塗って優しくケアします。

 

医療機関での治療法は?

症状に合わせてステロイド薬、非ステロイド系抗炎症薬などの外用薬で治してくケースが一般的です。カンジダ菌が原因の場合には、抗真菌薬を使用します。おむつが当たる部分を中心にあせもが出来ていたり、お肌が乾燥していることもありますので、症状を診ながら適切なお薬を組み合わせていきます。日常のケアやお薬の塗り方など、医師や看護師からお伝えできるアドバイスもたくさんありますので、お困りの際はぜひお早めにご相談ください。

2018/04/28

お肌の主治医として、あらゆる世代の方が健やかな素肌を保ち・取り戻すお手伝いを。

お肌のトラブルから美容のお悩みまで、いつでもお気軽にご相談ください。

さくら皮膚科スキンケアクリニック。ご予約・お問い合わせは03-5969-9833まで。
診療時間
診療時間
10:00~13:00 診療 診療 診療 診療 診療 診療 診療
15:00~19:00 診療 診療 診療 診療 診療    

※受付は診療開始時刻の15分前より開始いたします。
(午前9:45~/午後14:45~)
※祝日休診