日焼け止めクリームの選び方

この季節、ドラッグストアではたくさんの日焼け止めを目にしますが、「どの種類を使ったら良いか分からない・・・。」と選び方に迷っている方も多いのではないでしょうか?自分に合ったものを使用することで肌への負担を減らし、より効果を実感することが出来ます。そこで今回は日焼け止めの種類SPFやPAについてご紹介します。

 

●SPFとは?

SPF は、シミやソバカス・皮膚ガンの原因となる紫外線 B 波( UVB )をカットする力を示しており、 何も付けていない素肌と比べて日焼けが始まるまでの時間を何倍に伸ばすことが出来るかという目安です。現在、SPF1~50+までの日焼け止めが市販され、数値が大きいほどUV-Bから肌を保護することが期待できます。

 

●PAとは?

PA値は、皮膚を黒くするだけでなくシワやたるみの原因となる紫外線 A 波( UVA )の防止効果を表すもので、日光に当たったときに、日焼け止めを塗らない状態に比べて肌が黒くなるまでの時間をどれだけ延ばせるかによってPA+~PA++++までの4つに分類されます。+が多いほどUV-Aを防ぐことを期待できます。

 

●日常生活とレジャーでの使い分け

日焼け止めの仕様はエイジングケアのためにも必要なことですが、肌への負担があるため必要最低限に留めるのがおすすめです。効果に個人差はありますが、日常生活であれば SPF 20くらいまで、 PA ++程度のものを使うと良いでしょう。また、日光に当たる時間が長くなるレジャーの場合SPF 値や PA 値が高いものを使用するのがおすすめですが、効果の強い日焼け止めは肌に対する刺激も強いので、普段使いで一度試してみてから使用してみるのも良いでしょう。

 

●当院おすすめの日焼け止め

当院でお取り扱いしている「グラファ・サンプロテクトUV(SPF40、PA+++)」は耐水性に優れ、紫外線防止効果が持続するため日常生活~レジャーまで幅広くご使用いただけます。また、白浮きすることなく簡単にのび、ベタつきやツッパリ感がありません。化粧下地としての他、全身にもお使いいただけます。当院のスタッフにも長年好評で、患者様のリピーター率もとても高い日焼け止めです。お一つ1980円(税込)でお取り扱いしている他、サンプルもご用意していますので気になる方はスタッフまでお声掛けください(#^.^#)

 

8月も終わりに近づいておりますが、まだまだ日差しの強い日が続きますので引き続きUV対策をしっかりしていきましょう。

IMG_1245

2017/08/25

お肌の主治医として、あらゆる世代の方が健やかな素肌を保ち・取り戻すお手伝いを。

混雑時のお待ち時間を少しでも軽減し、より多くの患者さまをご診察できるよう、月・火・木・金・土の診療は終日医師2名体制で行っています。

お肌のトラブルから美容のお悩みまで、いつでもお気軽にご相談ください。

さくら皮膚科スキンケアクリニック。ご予約・お問い合わせは03-5969-9833まで。
診療時間
診療時間
10:00~13:00 診療 診療 診療 診療 診療 診療 診療
15:00~19:00 診療 診療 診療 診療 診療    

※受付は診療開始時刻の15分前より開始いたします。
(午前9:45~/午後14:45~)
※祝日休診